領域交差型院生FD

総人のミカタ HPへようこそ!!

領域交差型院生FD 総人のミカタでは、人間・環境学研究科の大学院生が、

主に総合人間学部の学部生に向けてリレー形式の模擬講義を行っています。

さらに、講義の後には

院生や他の参加者と気軽に話せるフリートークの時間や、

院生メンバーでの講義の内容や方法についての検討会も行っています。

活動日時―――――――――――――――――――――――

毎週木曜5限

16:30~17:30  模擬講義    

17:30~18:00  フリートーク

18:30~19:30  検討会

 

総合人間学部棟1102講義室 

――――――――――――――――――――――――――――――

企画の詳細については

以下のリンクにお進みください。

学部生のみなさんへ

院生のみなさんへ

次回予告

6/21(木)16:30~ @総人棟1102

文学のミカタ②――「文学」の役割とその未来を考える―― 

担当:山根

そもそも「文学」って何の役に立つの?

このような問いを聞いたこと、あるいは、自分でも抱いたことはありませんか? 

文学はいわゆる役に立たない学問と見做されがちです。

最近では、国立大学における文系学部廃止がまことしやかに囁かれ、文学部は縮小の傾向にあります。

けれど、本当に「文学」は役に立たないものなのでしょうか?

役に立たないとすれば、なぜ私たちは「物語」を作り、読むのでしょうか?

「文学」を研究する意味は一体どこにあるのでしょうか?

 

今回は、まず、なぜ日本では文系学部が軽視されるのかを確認した後に、「文学」の役割とはなにか、なぜ私たちは「物語」を欲するのか、文学研究をするとはどういうことなのかを、作家や批評家・研究者たちの言説を参考に、みなさんと一緒に考えてみたいと思います。

今期の日程

取材記事・学会報告など

寄稿(12p)

『2017京都大学のFD:京都大学の教育を、語り合う』

京都大学FD研究検討委員会(2018.03)

 

こちらからご覧になれます

 

ポスター発表 

学際性を養成するプレFD――京都大学大学院人間・環境学研究科における院生発案型プレFD「総人のミカタ」をめぐって

大学教育学会(2017.12.02)

 

資料などご希望の場合はご連絡ください。

特集記事

領域交差型院生FD総人のミカタ

京都大学総合人間学部広報(2017.10)

 

 

総人広報59

特集記事

京大探偵団「総人のミカタ」に迫る!

らいふすてーじ(2017年10月号)

 

らいふすてーじ

インタビュー記事

「総人からの挑戦状~院生が提示する新しい大学教育のカタチ~」

京大オンラインメディア360°

(2017.5.29公開)

 

京大オンラインメディア360°

 

更新情報

2018.06.19 第9回の講義を終えてを更新しました

2018.06.13 第7回第8回の講義を終えてを更新しました

2018.05.27 第6回の講義を終えてを更新しました

2018.05.22 第5回の講義を終えてを更新しました

2018.05.17 ディスカッション①の講義概要を更新しました

2018.05.16 講義概要を更新しました

2018.05.15 第4回の講義を終えてを更新しました

2018.05.02 第3回の講義を終えてを更新しました

2018.04.22 第2回までの講義を終えてを更新しました

2018.04.15 今期の講義概要の一部を更新しました

2018.04.11 今期の講義概要の一部を更新しました

2018.04.02 今期の予定を更新しました

2018.03.14 メンバーを更新しました

2018.03.14 学振申請書検討会のページを作成しました

2018.03.09 シンポジウムの報告を更新しました

2018.02.02 シンポジウムのページを作成しました

主催:人間・環境学研究科院生による総合人間学部生向け模擬講義企画「総人のミカタ」運営委員会

後援:学際教育研究部(京都大学総合人間学部、人間・環境学研究科)