領域交差型院生FD

総人のミカタ HPへようこそ!!

総人のミカタは、人間・環境学研究科の大学院生が、主に総合人間学部の学部生に向けにリレー形式の模擬講義を行う企画です。

さらに、講義の後には、院生や他の参加者と気軽に話せるフリートークや、院生メンバーでの講義の内容や方法についての検討会も行っています。

活動日時―――――――――――――――――――――――

毎週木曜5限 総合人間学部棟1102講義室

16:30~17:30  模擬講義    

17:30~18:00  フリートーク

18:00~19:00  検討会(別室)

 

――――――――――――――――――――――――――――――

企画の詳細については、以下のリンクをご覧ください。

学部生のみなさんへ

院生のみなさんへ

次回予告

6/20(木) 16:30~ @総人棟1102講義室

「文化」ってどう読み解くの?

〜歴史学と社会・心理学から見たその方法と意義、新たな可能性〜

担当:伊藤・奥田・山根(司会)

 

皆さんは「文化」というと、何をイメージしますか? 

日本文化、海外文化、ハイカルチャー、サブカルチャー、最近よく聞く文化資本などなど。

芸術? 生活様式? 社会の仕組み?

日常的に使う言葉なのに、いざそれが何かと問われると、ふわっとしていてよくわからないですよね。

 

今回、登壇される伊藤さんのご専門である社会・文化心理学、そして、奥田さんのご専門である歴史学は、ともに「文化」を対象とする学問です。

しかし、その定義づけや、研究方法、見出す意義はそれぞれ随分と違うようで……?

 

今回は、お二人からそれぞれの「文化」の読み解き方とその意義をお聞きし、お二人の研究が合わさったとき、何が見えてくるのかを、激論していただきたいと思います!

今期の日程

日程 担当(分野) タイトル
4/11   先輩の話を聞いてみよう!!①
4/18   先輩の話を聞いてみよう!!②
4/25 伊藤(社会・文化心理学)  社会心理学入門 –心と社会の相互構成–
5/09 崔(社会学) 「公共」とは何だろうか
5/16 奥田(アメリカ史) 「外交史研究」とは何か?
5/23 4回生企画

上回生の卒論の話を聞いてみよう!!

5/30 吉田(有機化学) 世界を変えた高圧化学反応-ハーバー・ボッシュ法-
6/06 伊藤(社会・文化心理学) 文化心理学入門 –心の文化差とその起源–
6/13 奥田(アメリカ史) アメリカ外交と文化:第二次大戦期~冷戦初期を題材に考える
6/20 伊藤・奥田 文化ってどう読み解くの?
6/27 崔(社会学) インターネットと公共性
7/04 吉田(有機化学) 21世紀の化学-環境に関わる諸問題の解決に向けて-
7/11 崔・吉田 研究室の光景・探求の現場

取材記事・学会報告など

活動報告書の発行

『「総人のミカタ」活動報告書 2017年度前期~2018年度前期』

 

京都大学大学院人間・環境学研究科 学際教育研究部 発行(2018.10) 

こちらから電子版にアクセスできます。

 

依頼寄稿

「人間・環境学研究科における院生発案型プレFD『総人のミカタ』」

『2017京都大学のFD:京都大学の教育を、語り合う』12頁  京都大学FD研究検討委員会(2018.03)

 

こちらからご覧になれます

 

ポスター発表 

「学際性を養成するプレFD――京都大学大学院人間・環境学研究科における院生発案型プレFD『総人のミカタ』をめぐって」

大学教育学会(2017.12.02)

 

資料などご希望の場合はご連絡ください。

特集 領域交差型院生FD総人のミカタ

『京都大学総合人間学部 広報』(2017.10)

 

総合人間学部広報は、こちらからご覧いただけます。

特集 京大探偵団「総人のミカタ」に迫る!

『らいふすてーじ』(2017年10月号)

京都大学生活協同組合

 

らいふすてーじについては、こちらをご覧ください。

インタビュー記事 「総人からの挑戦状~院生が提示する新しい大学教育のカタチ~」

京大オンラインメディア360°

(2017.5.29公開)

 

京大オンラインメディア360°

 

主催:人間・環境学研究科院生による総合人間学部生向け模擬講義企画「総人のミカタ」運営委員会

後援:学際教育研究部(京都大学総合人間学部、人間・環境学研究科)