生物多様性と進化について2

担当:亀岡(分類多様性学)

概要

第二回では、第一回で講義を行った生物多様性が生じる機構や、進化の基礎的な概念について復習を行うと共に、それでは実際の研究ではどのように生物の進化の痕跡を探っているのが、具体的な研究例を踏まえながら話を進める。

 

現存する生物の形質や遺伝子から過去の進化の軌跡、そして未来の進化の道筋を予測する面白さを少しでもお伝えすることができれば幸いである。