第5回 間主観性でとらえる「こころ」のハナシ――精神科デイケアの現場から

担当:近藤真帆

概要

第1回では心理学の簡単な歴史と現在の諸分野を概観し、

現在、大きく分けて量的研究と質的研究があること、

それぞれの利点や問題点を紹介しました。

今回は講義担当者のフィールド(精神科デイケア)における質的研究を紹介しながら、

研究の役割と問題について一緒に考えていきたいと思います。

 

担当者が依拠する「間主観性」を当てにする

質的研究法(エピソード記述法・語り合い法)は

たびたびその客観性/科学性が問われ、

時には「学問ではない」と言われることすらあります。

しかしフィールドにいると、

研究者の仮説、数値化可能な尺度からこぼれ落ちるデータ、つまり、

従来の科学的手法では拾えない重要なデータの存在がたくさんあることを痛感します。

私見では、そうしたデータを拾い上げ、

議論の場に持ってくることは研究者の仕事だと考えます。

 

講義では、特に質的研究法で実践を研究する必要性やその難しさ、

客観性/科学性の扱いに焦点を当てます。

心理学に興味がある方にもない方にも、科学や学問とは何なのか、

その役割は何か、といったことを考えるきっかけにしてもらえたら幸いです。