移住と精神疾患:フランツ・ファノンの精神分析理論の形成

概要

 第1回目の講義では、フランツ・ファノンその名をフランス史に刻む契機となったアルジェリア独立革命に参加する直前の時期の精神医療の状況と実践を植民地精神医療史の文脈で説明しました。第2回目の講義では、この大枠の中で、ファノンがその医療実践で発展させる精神分析理論の形成と内容を考察していきます。
 既に故人となった人物の精神分析理論を考察するためには、第1回目の内容をベースにして、思想史、病跡学、社会学といった学問のアプローチを用いる必要があります。ファノンの精神分析理論の形成には、マルティニーク島出身のファノンが、フランス本国に渡ってから人種主義に出会った経験が深く関わりますし、自身の症状も含めてその精神的疎外からの解放を目指すのが彼の精神分析理論の課題にもなります。その理論が、アルジェリアでどのように編成、発展するのかも含めて検討していきたいと思います。