植民地精神医療史の一断片:1950年代フランス領アルジェリアのブリダ=ジョワンヴィル精神病院を中心に

概要

 異なる言語・文化・習俗が接するか重なり合う場所では、どのような精神医療が生成されるのか。特に、その関係性に植民地主義なる背景が存在するときには、各精神医療の実践者の視点一つをとって分析するにも、重層的で様々な学問系譜からのアプローチが必要です。この時代と場所を異にする精神医療の展開を具体的に叙述するために、精神医学と精神分析の歴史的理解のみならず、政治・社会・経済史等の歴史学や人類学などの複合的視点と学問手法を組み合わせたものが、植民地精神医療史という枠組みです。
 この中で、20世紀のフランス領アルジェリアでの精神医療の展開を歴史的に再構成することが、私の現在の第一の課題です。とりわけ、フランツ・ファノンという精神科医に焦点を合わせて、その周辺人物と病院の出版物や未刊行の草稿といった史料を足がかりにして、ファノンが1950年代に勤務していたアルジェリアのブリダ=ジョワンヴィル精神病院での医療実践を調べています。未だ進行中ですが、講義の中でこの具体的な話をベースにしながら、植民地精神医療史の理解の肉にしつつ、現代のフランスーアルジェリアについて生まれる無数の「なぜ」をみなさんと一緒に考えられればと思います。