どこからが観光?どこまでが移動?:観光学入門

担当:谷川(観光学)

概要

"みなさん、観光好きですか? 好きですよね。

好きでなければ、このシラバスを見ようとページをクリックし、ここに移動に来ていないはずです。

 

ところで、最近観光しましたか?

――この問いに、「イエス」、つまり、「最近観光した」と思ったなら、どこに行ったのでしょうか。

この講義では、こうした素朴な観察から始めることにします。

 

「観光」は私たちの生活の中に、ありふれた形で確認することができます。フェイスブックが観光先のログと化している友人があなたにもいるでしょう。けれど、観光学において、まともに「観光」を定義しようとしている人はいないに等しいのです。

定義しているように見えても、本論に活きてこない定義を序論で申し訳程度にやっているだけというのが実情です。

 

この講義では、「観光」ということで、私たち(=当日教室にいる人たち)はどういうことを想定しているのかを考えてみましょう。

また、当日は、観光学(Tourism Studies)という複数形に込められた意味合いをシリアスに受け取ることで、まともに必要十分な観光の定義を考えるのではない仕方で、「観光」を考え、「観光学」をイメージしてみることにします。

 

嫌いというわけでもないけれど、基本的には家にいたいし、ずば抜けて観光するのが好きではないという方もいるかもしれません。というか、私がそうです。

そんな人間が、観光学のどこを面白いと思ったのかという点まで話せるといいなと思います。"